それいけ!お助けマン!

世の中は予期せぬ出来事でその人の人生が大きく狂うことだってあるのです。最近実際の事件としてニュースになったのが赤ちゃんの取り違え事件です。これは今から60年前に実際の病院で起こったことだそうです。約1時間おきに二人の男の子の赤ちゃんが生まれたそうです。そしてその赤ちゃんが取り違えられた事実が最近になって判明したのです。これが更に話題となったのは、取り違えられた子供の家庭環境が全く違っていたということです。

一方は裕福な家庭で家庭教師も付いた環境で育てられ、もう一方は両親が離婚し、母親の元で育てられ、貧しい環境を過ごしたとのことです。この貧しかった方の家庭で育てられた男性は、本来はその裕福な家庭環境で過ごせたはずだったのです。気付いたときには本当の親は既に他界しており、悲しい結末となったようです。

このようにお金があるのとないのとでは、大きくその人の人生が違ってくるということがまざまざと知らされたような感がします。お金に困り借金をし、そしてそれが返済できなくなり債務整理へとなっていく過程は実に悲しいものです。そのような借金と債務整理についての悩みを相談できるサイトがあります。

この借金と債務整理の悩みを弁護士・司法書士が解決するサイトは、借金についての悩みや、その借金を整理したい方のために専門のプロである弁護士や司法書士があらゆる手段で解決に結びつけてくれます。
お金の悩みは心身ともに疲弊していきます。そんなようにならないためにもぜひ相談されることをおすすめします。そんな悩みがある方はすぐにアクセスしてみてくださいね。

Von , am 11. 2月 2014 um 0:00, keine Kommentare

交通事故にあってしまったとき、「災難にあった」と思ってそのままにしていればいいというわけではもちろんありません。交通事故というのは、大変な出来事ですから、場合によっては、慰謝料を請求したり、訴訟を起こしたりする必要があります(しなくてはいけないわけではありませんが、するのが普通です)。しかし、お金の支払いをさせるというのはこれまた大変なこと……一筋縄ではいかないことが予想されます。

そこで、今回は「交通事故と慰謝料の悩みを弁護士・司法書士・行政書士が解決!」というサイトをご紹介します。こちらは、交通事故の被害者の方が困っていることを、弁護士などの法律のプロフェッショナルが解決してくれるサイトとなっています。

加害者や保険会社との話がうまくいかなかったり、後遺症の心配があったり、医療費が気になったり、職場への復帰がいつになるのかなど、交通事故の被害にあうと、不安なことがこんなにも多くありますから、弁護士・司法書士・行政書士のサポートを受けるべきです。

しかし、どのような弁護士・司法書士・行政書に相談するのが良いのかわからないという方も多くいらっしゃると思いますから、こちらの法律のプロフェッショナルを厳選してくれるサイトで、あなたにピッタリの事務所を見つけてみてください→xn—o9j102gec457gdmeqoat28s0li.jp

Von , am 25. 1月 2014 um 0:00, keine Kommentare

実際に交通事故が発生して慰謝料を請求することになった場合に、役立てていただきたい慰謝料請求の流れについて、ご説明したいと思います。
被害者の代理人として弁護士を立てて交渉を行うと、交渉がスムーズに進みます。そのため、ほとんどの場合、弁護士を立てることが一般的となっています。

慰謝料を請求するには専門的な書類作成や難しい手順が多く、弁護士に依頼することで賠償の増額につながるケースも多いとされています。

1.慰謝料額を算定する

交通事故によって発生した賠償額を正確に算出します。

2.内容証明郵便を送付する

交通事故の加害者に、賠償金額を郵送にて送付し伝えます。

となります。
あとは相手側の保険会社からの支払いを受け取れば完了です。

以下は、参考として示談の流れについてもご説明します。
上記の1と2の次に行うものとして、

3.示談交渉をする

加害者側と賠償についての交渉を行います。
長期間にわたる場合もあります。

4.交通事故の和解斡旋機関への相談を行う

示談交渉がなかなか進まない時に利用したい、「交通事故紛争処理センター」というものもあります。

5.民事裁判

裁判所にて裁判を行います。

6.訴訟による裁判

加害者と被害者の主張がまとまらず交渉が決裂した際には、被害者が訴訟を起こして賠償金を請求します。

Von , am 16. 1月 2014 um 0:00, keine Kommentare

交通事故は加害者だけでなく被害者になる可能性もあります。
自分が気を付けていても、車をぶつけられたり歩いていて事故にあう可能性もありますよね。
このように、事故の被害にあったとき、ケガをしたり入院したときにかかったお金を慰謝料としてもらえることになります。

だいたい慰謝料の金額の交渉は、加害者側の任意保険会社の担当者が間に入ってやってくれることになっています。
しかし、保険会社の担当者によっては、できるだけ自分の会社の保険から支払いたくない…
こんな考えを持っていて、慰謝料の支払いを渋るところもあるようです。
(任意保険がどこもこうとは限りませんから注意ですよ!)
もし自分が被害者になったときに、きちんと慰謝料がもらえないと困りますよね。

そこで慰謝料の問題が起きた時、誰に相談するのが一番いいのか…知っていますか?
答えは「弁護士」です。
弁護士と聞くと、法律問題に強い…というイメージがありますよね。
実は交通事故の慰謝料も弁護士の得意分野です。

弁護士に頼むメリットとしては面倒な慰謝料交渉から解消されることでしょう。
そして妥当な賠償金を取れる可能性が高くなることもメリットの一つですね。

しかし弁護士に依頼すると、着手金や報酬金などの金額がかかることもあります。
負担が心配な人は加入中の保険を確認してみましょう。
物によっては弁護士費用を負担してくれる特約が付いていることがあります。

被害者になっても加害者になっても交通事故の慰謝料問題はいろいろとあります。
前もって確認しておくことで万が一のときにも対処がスムーズにできますよ。

Von , am 16. 1月 2014 um 0:00, keine Kommentare

ギャンブル依存症という病気はご存じですか?。パチンコや競馬などのギャンブルに熱中し、お金をつぎ込み、そのための借金を重ね、家族まで巻き込んで一家離散になると言った悲惨な結果を招く恐れのある精神的疾患です。その名の通り、ギャンブルに依存しなければ精神的な落ち着きが取り戻せないといった状況に陥ってしまうのです。日本のギャンブル依存症患者の約8割はパチンコとスロットへの依存が多いとのデータも出ています。このような遊興費の借金による債務整理も多く聞かれます。このような場合負けが続き、借金に借金を重ねてしまい、債務整理の道へといくことになるそうです。

仕事に就いているか、これから就職を控えている方なら、毎月の安定した収入が見込めるので自己破産のような裁判所を通さないで借金を減らすことができます。それが任意整理という債務整理の方法です。この任意整理は、弁護士や司法書士に依頼し、債権者と交渉し借金の返済方法や金利の部分を免除するなどの返済額を減額する処置をすることができます。

またこの任意整理は裁判所を通さないで手続きができるので自己破産などと比べ簡単にでき、その依頼費用も比較的安価で済む場合があります。この任意整理という債務整理は、債務者と債権者の相互合意が条件となっているので、そのための交渉を弁護士や司法書士が代行して行ってくれるのです。
分からない点などがあれば、無料相談などを受け付けている弁護士や司法書士があるので、気軽に問い合わせをしてみると良いでしょう。

Von , am 16. 1月 2014 um 0:00, keine Kommentare